地球環境保護に関する条約のまとめ

地球の環境問題が騒がれている昨今、環境保護系の条約が多く締結されていますよね。
一般知識では必ず学ぶところだと思います。

ところが、けっこう数が多くて覚えづらかったりしますよね。

数多くある条約を覚える際に大事なことは、余計な知識を切り捨てるということです。
「最短最速で」「考えずに」「機械的に」答えを出すようにしましょう。
試験対策としてはそれで充分です。

そのために、キーワードと条約を結びつけて覚えてしまいましょう。
主要なものを一覧にしておきましたのでご覧ください。
(※覚え方は参考まで。ちなみに何度も音読すると定着しやすいですよ)

キーワード 名称 覚え方変更
水鳥 ラムサール条約 水鳥は、ラム(羊)サル(猿)と同じ動物
オゾン層 ウィーン条約 オゾン層にウィーンと穴が開いた
(ウィーン条約に基づいて採択されたのがモントリオール議定書
有害廃棄物 バーゼル条約 有害物をバーっとまくゼル
海洋投棄 ロンドン条約 怪盗棄)はロンドンにいる
ダイオキシン ストックホルム条約 ダイオキシンをストックしたら大変だ
地球温暖化防止 気候変動枠組条約
(加盟国の会議をCOPという)
温暖化でコップから水があふれた

 

このうち、最後の「気候変動枠組条約」だけ、追加で以下の知識だけ覚えておいてください。

1997年のCOP3で採択されたのは「京都議定書」
2008年~2012年の5年間で、先進国全体で5%の削減を目指したもの
アメリカは批准していない
2015年のCOP21で採択されたのが「パリ協定」
すべての国が温室効果ガスの削減に取り組む
世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2℃未満に抑える
アメリカは離脱している

コメント